他の国とどう違う?フィリピン・セブ島留学の特徴とメリット

みなさんはフィリピンと聞いてまず何を思い浮かべますか?

バナナ、南国、海・・

とりあえずわたしが思いついたのはこんな感じでした。抜群に少ない。

最近はビーチリゾートとしても聞いたことがある人も多いと思いますが、「留学先」としてのフィリピンのイメージはそれほど知られていないのではないでしょうか。

中でも特に人気なのが、旅行先としても有名なセブ島!

ということで今回は、わたしも実際に経験をしたフィリピン・セブ島の留学の特徴についてお話してみたいと思います。

フィリピンってどんな国?

 日本からの距離

フィリピン・セブ島へは、日本から南へ5時間ほどの距離。それほど遠い国ではないですね。

日本から直航便も出ているほか、LCCも飛んでいるので時期によってはかなり安く行けてしまうこともあります!

ちなみにセブ島は地図でいうとフィリピンの真ん中くらいの位置です。

公用語

そもそもフィリピンって英語圏の国だっけ?と最初わたしも思いました。

調べたところ、フィリピンの公用語は2つ。

・フィリピン語(タガログ語)

・英語

日常的に話す言葉は主にフィリピン語ですが、学校教育(小学校~大学)ではほとんどの授業を英語で受けるなど、日常の中で英語を実際に使って生活をしています。

つまり、国民のほとんどが幼少期からバイリンガルになるわけですね。

ただし、低所得層など学校にあまり行けない人たちは、英語があまり堪能ではない場合も。その点、北米などのいわゆる英語圏の国とは少し違いますね。

 

治安

東南アジアの国というと気になるのは治安の話。

フィリピンの治安はエリアによっても異なりますが、周辺国と比べて特別悪いということはないです。特に観光客も世界中から訪れるセブ島は、比較的安全な地域であるといわれています。

ただどこの国でも外国人を狙った犯罪はありますので、出かける際にはスリや盗難・置き引きなどには十分注意する、夜遅くに一人で出歩かない、知らない人についていかない、などの注意は当然必要です。

わたしは1ヶ月半セブに滞在しましたが、しっかり気を配って注意をしていれば、留学生として生活を送るうえで大きな問題はありませんでしたよ!

 

フィリピン・セブ島留学 4つの特徴

費用が格安

フィリピンは物価がとても安いため、欧米諸国と比べるとかなり安価な料金で学校に通うことができます。

目安としては、1ヶ月間の留学で、15〜20万円程度でしょうか。

日用品や食料なども驚くほど安い値段で手に入ることが多いため、生活費もほとんどかかりません。

例を挙げると、500mlの水のペットボトルが約50円、缶ビールが約80円くらい。スーパーに行ってもお金があまり減らず嬉しくなってしまいますので、買いすぎ注意です。笑

 

短期間から可能

ほとんどの学校は一週間から、最短では数日からできる所もあるので、社会人でも長期休みを利用して留学をすることが可能です!

日本からの距離も近いので、気軽に行けてしまうことも大きなメリットですね。

ただし、1週間だとやはり物足りなく感じてしまう人も多いため、実際は1〜2カ月くらい行く人が多いです。

わたしは1カ月半(6週間)でしたが、時間があればもう数週間は居たかったなあと思いました。

 

マンツーマンのスパルタ授業

フィリピンの語学学校は大半がマンツーマンレッスン+時々グループレッスンというところが多いです。

時間数も7〜10時間と、一日のほとんどが授業。留学というよりは「英語合宿」というイメージですね。

中でも、「スパルタ式」と呼ばれる学校が多いこともフィリピン留学の大きな特徴。そういった学校では、勉強の成果を確実に出すために、学校生活の中で厳しくルールを設けています。

わたしが聞いたところだと、1日10時間授業、外出禁止、インターネット禁止、テストに合格しないとペナルティ、自習時間の強制ルール、などなど・・。

ちなみに、スパルタ式だけではなく「セミスパルタ」と呼ばれる中間くらいのスタイルの学校や、もちろん普通の学校もありますよ^^

 

寮生活

フィリピン留学では大抵どの学校にも付属の寮があり、他の留学生と一緒に生活をします。

寮生活では、毎日顔をあわせる他の留学生とは自然にどんどん仲良くなれます。たった1カ月の留学でも、とても濃い人間関係を築くことができますよ!

寮の施設には食堂やランドリーなど一通りの設備が整っているため、生活に不便はほぼありません。

中には寮自体がホテルだったり、ジムやプールがついている学校もあります。わたしの学校がそうで、毎日ジムに通っていたら4キロ痩せることができました。笑

 

欧米留学と比較した場合のメリット・デメリット

メリット

日本から近い

北米、ヨーロッパ、オーストラリアなどに留学する場合、飛行機で8〜12時間以上はかかるため、移動だけでも丸1日使ってしまいます。

その点フィリピンへの所要時間は4〜5時間なので、半日で済みます。短期間の留学の場合でも、移動で時間を消費しなくてよいのは大きなメリットです。

 

基礎固め(発音・会話)ができる

先生と1対1でしっかり勉強できるマンツーマンレッスンでは、とにかくたくさんの会話の練習をすることができます。

そのため、日本人が苦手とする英語の発音をがっつり勉強できることは本当によかったです。わたしはセブ留学のおかげで、正しい発音を身につけることができました。

また、文法など基礎知識に自信がなくても、先生と1対1なので理解できるまで遠慮なく聞くことができます。

10人以上のクラス授業が普通の欧米圏の学校では、個人の細かい疑問までケアが行き届かないことが多いため、基礎学習の面でのマンツーマンのメリットは本当に大きいです。

 

自然・ビーチ

セブは世界でも有数のリゾートなので、自然や美しいビーチなどの見所が本当にたくさんあります。

わたしはビーチ沿いの学校を選んだので、毎日部屋の窓から美しいオーシャンビューの風景を眺めて癒されていました。めちゃくちゃ最高。

休日には海に遊びに行ったり、きれいな離島めぐりをしたり、有名な滝を見に行ったり・・。シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティも充実しているので、海が好きな人にはたまらないと思います。

 

健康になれる!

これは完全に個人的意見ですが(笑)、学校の寮生活では早寝早起き・食事時間も毎日決まっているため、生活リズムがとても健康的になります。

セブではマンゴーやパイナップル、バナナなどのフルーツが安くて激ウマなため、ビタミンとかなんかそんなのも手軽に採れます。

また、勉強する以外にやることがほとんどないので、学校にジムやプールがあれば自然と運動する習慣がつき、健康的に痩せることも可能。私も1ヶ月半で4キロ痩せましたし、周りの友人も来る前よりスリムになって帰った人めっちゃいました。

普段不健康な生活をしている人にはまじでオススメしたいです。

 

デメリット

華やかなイメージとは異なる

いわゆる留学というと、欧米風のオシャレな街並みの中、ホームステイをして現地のファミリーの生活を体験する・・というイメージが強いと思いますが、残念ながらそれとは全く異なる現実が待っています。

現地の生活を体験する・・というよりはひたすら英語の勉強をしにいくということを理解しておく必要があるでしょう。

平日は基本的に学校の中に缶詰めで勉強することになるため、それなりの覚悟をして行かないとイメージとのギャップに落胆することに。

 

先進国とは異なる環境

日本や欧米圏の先進国とは異なり衛生面など不十分な点も多いため、食事や周囲の環境等には充分に気を配る必要があります。

水や生鮮食品には気をつける、犬や猫などの動物に噛まれないようにする、等々・・。私も含め、日本人留学生は大抵みんな一度は軽くお腹を壊していました。笑

また現地には低所得層の人々も多く、学校から一歩外に出ると物乞いの人がたむろしていて声をかけてくるということもよくあります。すぐ慣れますが。

危害を加えられることはまずないですが、日本人はお金持ちだと思われているため高価なものを身につけない、貴重品の管理は常に気をつけるなどの注意が必要です。

 

フィリピン留学に向いてる人・向いてない人

以上を踏まえて、フィリピン留学が合っている人とそうでない人をまとめると、

◯向いている

・英語を基礎からやりたい人
・短期間で集中的に英語を上達させたい人
・自然やビーチが好きな人
・東南アジアの雰囲気が好きな人

 

×向いてない

・アメリカ・ヨーロッパなどのThe・海外に憧れている人
・欧米圏の人と交流したい人
・先進国じゃないとムリな人、潔癖な人

・勉強をあまりたくさんしたくない人

という感じですかね。

 

ただ、自分は向いていないと思ってる人でも、実際に行ってみると結局は慣れの問題だったりもします。なので、迷うようなら行ってみたらいいと思いますよ!

わたしも日本では虫が大の苦手でしたが、セブに行ってからまったく気にならなくなりました。

ハエがとまったバナナとかね、もう余裕。

 

ちなみに、実際のセブ留学での1日のスケジュールのイメージは次記事にて♪

セブ留学は本当に楽しく成長できる素敵な場所だと個人的には思うので、ぜひたくさんの人に行ってみてほしいですね。それでは!

 

この記事を書いた人

AOI

4年勤めた会社を退職し、フィリピン留学・カナダワーキングホリデーを経験、TOEIC905点取得。オーストラリアで2カ国目のワーホリ後、英会話スクールでカウンセラーとして英語学習の相談や留学のアドバイスを行う。旅マニアでもあり、これまで訪問した国は15カ国。
⇨詳しいプロフィールはこちら