ワーホリに持っていくクレジットカード・キャッシュカードについて

1年のワーキングホリデーへ行くにあたり、どうしようか悩んでしまうのがお金の持っていき方。

海外ではカード社会の国が多く、もはや生活の必需品とも言えます。

現地で作ることもできますが、日本の銀行口座からお金を使いたい場合はやはり日本から持っていかなければなりません。

 

ということで今回は、日本からワーホリに持っていくカードのお話です!

すでにお手元にある方はもちろん、これからカードを作るという方もぜひ参考にしてみてくださいね。

ワーホリに持っていくカードの種類は?

わたしの失敗談(カナダ)

わたしは大学生時代、夏休みに一度カナダへ短期留学をしました。

その時に持って行ったクレジットカードがどういうわけか、どこへ行ってもエラーが出て使えなかったのです。

渡航前に大学の留学相談窓口で確認してもらい「そのカードなら大丈夫。カナダで使えますよ!」と言われて信用しきっていた私は、カードはその一枚きり、現金も少ししか持参しておらず。

おかげで週末で行けるはずだったニューヨーク旅行も、モントリオール・ケベック旅行も行けずに終わってしまい、大変後悔した苦々しい経験があるのです。

もし別の種類のカードを持って行っていれば、もう少し現金持って行っていれば・・と。

そのカードとは・・

JCBカード。

ロゴは手書きです。笑

 

日本国内では有名でどこでも使えるこちらのカードですが、海外、特に欧米圏ではあまりメジャーではありません・・。

別の種類のカードを持参しましょう。

 

おすすめは定番、VISA or MasterCard!

 

これは他の海外旅行でも同じかもしれませんが、やはりこの2つ!

American Expressもメジャーではありますが、使えない店舗も多いです。なので利便性重視なら圧倒的にこの2種類!

1年間という長い期間滞在することを考えると、予備も含めてVISA、MasterCardを1枚ずつ、合計2枚で持っていくことを個人的にはオススメします!

 

わたしが実際に持って行ったカードたち

三井住友ANAカード(VISA)

こちらはもともと持っていたカード。Suica+オートチャージ機能がついているので、日本では日常生活でもマイルが溜まっちゃうという優れもの!

・・しかし海外ではいたってただの普通のクレジットカード。笑

ANAのマイルが貯まるので、日本→カナダの往復や旅行などの時にちょこちょこ貯めてました。ちなみにカナダのフラッグキャリア、エアカナダはANAと提携しているのでマイルが貯まりますよー!

ワーホリだけでなく色々旅などもしたいという方は、マイル用のカードを1枚持っておくといいかもしれませんね。

 

三井住友プライムゴールドカード(MasterCard)

これは海外旅行保険要因。もともとは三井住友クラシックカードを持っていたのですが、ゴールドの方が保険の保障内容が圧倒的に手厚いため、ワーホリに行くことを決めた時に、勢いで替えてしまいました。

ゴールドといっても、こちらのカードは年に6回以上の利用といくつかの簡単な条件をクリアすれば、年会費1500円で持ててしまうお得なカードなのです!

ワーホリを機に色々旅行しまくろうと考えているわたしには、保険要因のカードは欠かせない!ということで、海外を旅する度にお世話になっている1枚です。

 

→三井住友カードのHPはこちらから

 

新生銀行 国際キャッシュカード

こちらはクレジットカードではなく、海外のATMでお金を引き出すためのキャッシュカード

海外でのカード利用にトラウマがあるわたしは念には念を入れた予備の一枚・・だったのですが、新生銀行では2018年12月をもって海外キャッシングサービスを終了してしまいました!

なんということでしょう・・・ショックすぎます。これまで本当にお世話になりました。

新生銀行の代わりとなる海外キャッシュカードについては、次の項目で説明していきたいと思います!

 

→新生銀行のHPはこちらから

 

 

これから作る方におすすめのカード

もしも現在、特に良さそうなカードを持っていなくてこれから作ろうと考えている方には、カード類は以下の組み合わせで持っていくことをおススメします。

①海外保険要因 1枚(VISA or Mastercard)

②予備カード  1枚(VISA or Mastercard)

③海外ATMで使えるキャッシュカード 1枚

せっかく新しくカードを作るならできれば年会費がかからず、おトクに使えるものがいいですよね。

ということで、わたしがもし次にカードを作るとしたら絶対に選びたい、ワーホリへ行く前に作っておきたいカードたちを紹介してみたいと思います!

 

楽天カード

旅行用にも、普段使いにも、他と比較して圧倒的にお得なのがこちらのカード!

どう考えてもずば抜けてます。お得さが。

 

おすすめポイント(1)年会費永久無料

(2)カード利用でどこでも100円=1ポイントがたまる!!

(3)楽天での買い物でポイントが最大3倍に!

(4)海外旅行保険が非常に手厚い。(ただし、一定条件の利用に伴う利用付帯。)

普段、ほぼ毎月くらいの頻度で楽天で買い物をしていたヘビーユーザーのわたしにとっては、作らない手はないくらいめちゃくちゃお得なカード!だって、年会費無料ですし!

でもね、ワーホリ行く前からすでに三井系のカード2枚も持っちゃってたので、これ以上増やすのはめんどくさい・・と未だに作れていません。

今持ってるカードの期限が来た頃に日本に住んでいたら迷わず作ろうと思っています!

 

→楽天カードの詳細、または申し込みはこちらから。

 

 

エポスカード



楽天カードの次にお得だなーと思ったのがこちらのカード。

海外旅行保険も充実している他、日本で優待や割引サービスが受けられる店舗がとても充実しているのが特徴!

ぶっちゃけ、調べてるうちに社会人になった時に初めに作っておけばよかったくらいに思いました。。

 

おすすめポイント(1)年会費永久無料

(2)全国のマルイ他、提携店舗で割引が受けられる。

(3)全国のレストラン、カラオケ、ホテル、温泉など、優待店舗の数がとにかく多い

(4)海外旅行保険が無料カードにしてはかなり手厚く、しかも利用条件に関わらない自動付帯

サービス対象店舗は日常的に利用してる店ばっかりだったので、もし社会人になってすぐ作ってたらいったいいくら節約できてたんだろう・・ってレベルです・・!

岩盤浴などのスパ系も割引になるので、女性には特におススメしたいカードです。

 

→エポスカードの詳細、または申し込みはこちらから!

 

ソニー銀行 Sony Bank WALLET(Visaデビット付キャッシュカード)

ソニー銀行のVisaデビット付キャッシュカードで、国内と海外の両方でデビット&キャッシング利用ができてしまうという超優れもの。

何を隠そう、わたしも次の海外渡航に向けてつい最近作りました。笑

こちら、上述した新生銀行の代わりといえる、むしろ手数料の安さなどは新生銀行のキャッシュカードを上回るといっても良いと思います!

 

おすすめポイント(1)発行手数料無料

(2)15歳以上であれば審査不要!

(3)国内提携ATMの引き落としが月4回まで無料

(4)海外デビット&ATMキャッシングの手数料がずば抜けて安い!

まずはソニー銀行の口座を開設する必要がありますが、基本は銀行キャッシュカードなので発行手数料は無料、審査も不要なのが嬉しいところ!

わたしはインターネットで申込後、約6日ほどでカードが手元に届きました。

 

そして特筆すべきは、海外のATMでキャッシングする際の手数料の安さ!

海外ATMでのキャッシング手数料は、新生銀行キャッシュカードは4%だったのに対し、ソニー銀行は最安で1.76%

もし10万円引き出したとしたら、4,000円と1,760円の差が出ます。ランチ2回分はお得。

ワーホリで仕事がないうちは10万円くらいは余裕で引き出すと思うので、この違いはかなり大きいです!

 

詳しい使い方についてはソニー銀行HPに色々載っているので、興味がある方はぜひそちらを見てみてくださいー!

→ソニー銀行 Sony Bank WALLETのHPはこちらから!

 

すでにカードを持っている方は

ここまで色々と書きましたが、ワーホリにあたって「普段使いのカードそのまま持っていくつもりだよ〜」という方は、渡航前に念のため、以下の点をチェックしておいてください!

 

海外キャッシングを有効にしておく

銀行キャッシュカードやクレジットカードには海外キャッシング機能がついているものも多いですが、元の契約とは別に追加申込が必要な場合も多々あります。

お持ちのカードがすぐに海外ATMでお金を引き出せるものなのかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

 

海外旅行保険の内容を確認しておく

万が一海外で怪我や病気、紛失物などのトラブルがあった時、クレジットカードの保険が使える可能性もあります!

保険のカバー内容や申請条件についてはあらかじめ確認しておき、カードの保険条件書などは渡航先にコピーを持っていくことをおすすめします!

 

 

ということで今回は、ワーホリに持っていくカードについて熱〜く語らせていただきました。

ワーホリだけでなく旅行好きさんにも役立ててもらえると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

それではー!

この記事を書いた人

AOI

4年勤めた会社を退職し、フィリピン留学・カナダワーキングホリデーを経験、TOEIC905点取得。オーストラリアで2カ国目のワーホリ後、英会話スクールでカウンセラーとして英語学習の相談や留学のアドバイスを行う。旅マニアでもあり、これまで訪問した国は15カ国。
⇨詳しいプロフィールはこちら