ワーホリにはSIMフリースマホを持っていけ!言いたいことはそれだけだ。

2019.04.22

今やわたしたちの生活に欠かすことができない、スマートフォン。

わからないことがあればすぐに調べられるので、海外に行っても普段通りにスマホを使いたいですよね。

ただ、携帯会社によって海外ローミングがどうのとか、SIMカードがどうのとか、正直どう準備していけば良いかわからない・・という方も多いのではないのでしょうか。

普段から海外旅行によく行く方はいいですが、あまり行かない方はしっかり調べてから行くことをおすすめします。

 

ということで今回は、海外に長期滞在する際のスマートフォンの使い方などについてのお話です。

海外へはSIMフリースマホを持っていけ!

長期留学やワーキングホリデーで海外滞在する際、携帯電話は絶対にSIMフリーのスマートフォンを持っていくことをオススメします!

大事なことなので二度言います。SIMフリーのスマホです!笑

なぜかというと、契約や使い勝手がケタ違いに簡単かつ使いやすく、料金も安く済むからです。

その理由と詳細について、次以降の項目で説明していきますね。

 

SIMフリースマホって何?

万が一「SIMって何?今さら聞けない・・」という方のために、念のためこれも説明しておきます。知っている方は読み飛ばしてください。笑

 

スマートフォンの中には、必ず「SIMカード」と呼ばれるICカードが入っています。このSIMカードは各通信会社(ドコモなど)が発行しており、これに電話回線やインターネット回線の契約データが紐付いています

そして、スマートフォンの中のSIMカードを入れ替えることで、別の会社の回線を使うことも可能になります。

 

例えば、スマートフォンの中に、日本のA社と契約をしているSIMカードが入っているとします。

旅行でアメリカに行った際、日本のA社の回線はアメリカでは使えないので、アメリカのB社の回線が使えるSIMカードを購入します。そして、スマホのSIMカードをB社のものに入れ替えれば、B社の回線が使えるようになります。

ただしSIMカードを入れ替えるとそこからA社のサービスは使えなくなるため、電話番号・携帯キャリアのメールアドレス(docomo.ne.jpなど)は使えなくなり、電話番号は新たなB社の番号になります。ちなみに日本に帰ってA社のカードを再度入れれば、契約が有効な限りそのまま使えますよ。

 

ただし、ここからが重要な点!!

日本の通信キャリア会社(ドコモ・au・ソフトバンクなど)で買ったスマホは、このSIMカードを他社のものに入れ替えて使えないようにロックがかかっています

なので、それらのスマホを自由にSIMカードを入れ替えて使うには、SIMロックの解除という手続きが必要になります。

そして、そのSIMロックを解除したスマホ、これが「SIMフリースマホ」と呼ばれるものです。

 

SIMフリースマホの入手方法・ロック解除の方法

SIMフリースマホ入手方法

Amazonなどのインターネットサイト、また家電量販店などで購入できます。また、正規のアップルストアで購入したiPhoneは、初めからSIMフリーになっています!

他の方法としては、格安SIMのショップで契約したスマホは通常SIMフリーになっているようです。

 

【参考格安SIMキャリア】

・U-mobile


 

 BIGLOBEモバイル



・OCN モバイル ONE


SIMロックの確認・解除方法

自分のスマホにSIMロックがかかっているかどうかは、購入した販売店、もしくは通信キャリア会社(ドコモなど)に確認すれば教えてもらえます。

ドコモ・au・ソフトバンクなどで端末契約して何も解除手続きをしていない場合は、ほぼ確実にロックはかかっているはずです。

SIMロックの解除をしてSIMフリーにするには、契約中の通信キャリア会社で手続きをします。ただしキャリアによっては手数料がかかる、契約何ヶ月以内は解除ができないなどのルールがありますので、詳細は各社のページで確認してみてくださいね。

 

【各キャリアのSIMロック対象機種と解除方法】

・NTTドコモ HP

 SIMロック解除の手続き

・au HP

 SIMロック解除のお手続き

・ソフトバンク HP

 

 

SIMフリースマホの契約・使用方法

SIMフリーにさえしてしまえば、あとは海外でSIMカードを契約すれば自由に自分のスマホが使えます。やったね!

わたしはワーホリで行ったカナダとオーストラリア、他に一人旅などで訪れた国でもSIMフリースマホを使っていたので、それぞれの契約や使い方について簡単に説明しますね。

 

カナダ

日本でいうdocomoやauのような携帯キャリアのショップがいくつもあるので、そこでSIMカードの契約ができます。日本のように一定期間の契約ではなく、毎月固定の金額が請求される「プリペイドSIMプラン」というのが一般的。

SIMカードの月額プランを選び、支払いをしてカードを本体に入れてセットアップするだけなので、ショップで20〜30分ほどで手続きは完了します。

ちなみに、わたしは「TELUS」という携帯キャリアで契約し、月2GB/電話テキストし放題で$50というプランを契約していました!

帰国時には、再度ショップへ行き、解約の手続きをすればOK。なんと、契約終了日が月の途中でも日割りで精算してくれました。超親切・・!

 

オーストラリア

オーストラリアでも「プリペイドSIMプラン」が一般的ですが、手続きはカナダよりも簡単です!

そのへんのコンビニやスーパーに各携帯キャリアのプリペイドSIMが売っているので、希望のデータ容量・金額のものを購入し、自分のスマホに挿入してセットアップをするだけ。カードごとに電話番号も自動でついてくるので、わざわざ代理店で手続きをする必要がありません!

支払いはキャリアのHPから、自動引き落としか手動で毎月払うかを選べます。ただし手動で支払いを忘れた場合には回線が止まってしまうので注意。

わたしが使っていたのは「amaysim」というキャリアで、月2.5GB/電話テキストし放題で$20!値段もかなりお手頃、かなりおすすめのキャリアです。

帰国時には特に手続きは必要ありませんが、支払い設定を自動引落としにしている場合は解除しておきます。

 

海外旅行(短期間)の場合

旅行で短期間だけその国を訪れる場合は旅行者用の短期SIMカードというものがあり、だいたいどこの国でも売っています。ちなみに、これまで売っていなかった国はキューバくらいでした。

旅行者用SIMカードは、たいてい空港か街中のモバイルショップで契約・購入ができますが、利便性を考えると空港で購入してしまうのが一番楽です。

また、複数の国・地域で使用できるSIMカードというものも売られています。わたしはヨーロッパ一人旅をした際、複数国で使えるものをフランスで購入しました。

現地での購入が不安な場合はAmasonなどで事前に手に入れられる物もあるため、ぜひチェックしてみてください。


Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】

複数の国をまたいで旅行をする場合は、このようなSIMを買っておくと便利ですね!

 

SIMフリースマホを持っていかない場合

SIMフリーではないスマホを持っていく場合は、海外ではWi-Fi環境がある場所でのみ使えますが、Wi-Fiのない場所での使用や電話、テキストメッセージはできません

そのため、ワーホリでは多くの人は現地の携帯電話会社で新しいスマホを購入、もしくはレンタル契約します。

 

電話やSMSは現地で購入した携帯、LINEなどは元の自分の携帯でするため、スマホ2台持ち・・ということになります。

わたしの友人にも何人かいましたが、「LINEは普段見れないから連絡は電話かテキストでして!」というようなやり取りが生まれたり、現地の携帯は日本語入力ができないので日本人にメッセージが送りづらい・・など、正直すっごい面倒そうでした。

 

スマホの端末費用も加算されるのでSIMのみの契約よりは金額も少し上がるため、やはり圧倒的にSIMフリーを持っていくほうが便利だということがわかると思います。

 

SIMフリースマホで快適なモバイルライフを!

なんだか雑学ブログみたいになってしまいましたが、少しでも海外でのスマホ利用を快適にしたい一心で書いてみました。

ちなみに英語で「スマホ依存症」のことを「Nomophobia(ノモフォビア)」というそうです。

海外でわからないことがあったり目的地の行き方を知りたいときにすぐにスマホで調べられないと、まじでイライラするので、わたしは多分そうなのかもしれません。笑

というわけでこれからワーホリに行く皆さんは、今すぐSIMロックなど外して海外に行く準備を万端にしてしまいましょうー!

それでは!

この記事を書いた人

AOI

4年勤めた会社を退職し、フィリピン留学・カナダワーキングホリデーを経験、TOEIC905点取得。オーストラリアで2カ国目のワーホリ後、英会話スクールでカウンセラーとして英語学習の相談や留学のアドバイスを行う。旅マニアでもあり、これまで訪問した国は15カ国。
⇨詳しいプロフィールはこちら